禁忌薬を知ろう|1錠で長く効く!ED治療薬シアリスでEDシアリス治療を始めよう

1錠で長く効く!ED治療薬シアリスでEDシアリス治療を始めよう


禁忌薬を知ろう

「禁忌薬を知ろう」のピクチャー。

シアリスのようなED治療薬を服用する際には、必ず覚えておくべきものがあります。
それは一体何かというと「併用禁忌薬」というものです。
この併用禁忌薬がどういうものなのかというと、対象の薬と併用してしまうと命にかかわるような事故に繋がるような医薬品の事です。

シアリスを始めとするED治療薬に共通している併用禁忌薬として最も有名、そして特に危険と言われているものは硝酸剤と呼ばれるものです。
この薬というのは、狭心症治療薬として使用されるニトログリセリンなどが該当するのですが、この硝酸剤とED治療薬は絶対に併用してはいけない、と言われているのです。
その理由というのは、どちらの薬も「血管を拡張し、血圧を下げる」という作用があるからです。
ED治療薬というのは、薬効によって血管を拡張させることにより、性器へ流れる血液量を増やす働きがあるのですが、その際血管の拡張によって血圧が低下します。
そして、硝酸剤も同じように血管を広げて血圧を下げる作用があるのですが、これらを同時に使用してしまうとどうなるのかと言うと、血圧の異常低下が発生し、生命活動の維持に最低限必要な血圧の値を下回ってしまうのです。

そのため、シアリスと硝酸剤を同時に服用してしまうと、最悪の場合血流が停止し、そのまま命を落としてしまう可能性があるのです。
なので、シアリスを服用する際には必ず硝酸剤と併用しない、というのを忘れない事、そして他の併用禁忌薬についても知るようにしましょう。

© 1錠で長く効く!ED治療薬シアリスでEDシアリス治療を始めよう